ダーツを投げる時は上半身だけでなく、立ち位置や重心を含めた下半身も大事!ダーツのスタンス(立ち方)
MENUメニュー
新着記事
初心者向け
ダーツ上達
ダーツ知識
その他
ダーツ用品購入
✕メニューを閉じる
  1. ダーツノミカタ
  2. ダーツ上達
  3. ダーツを投げる時は上半身だけでなく、立ち位置や重心を含めた下半身も大事!ダーツのスタンス(立ち方)

ダーツを投げる時は上半身だけでなく、立ち位置や重心を含めた下半身も大事!ダーツのスタンス(立ち方)

2018.11.13ダーツ上達

メインビジュアル

ダーツの持ち方にもいろいろな種類がありますが、スタンス(立ち方)にも様々なものがあります。
ダーツでは野球の様に振りかぶって投げるのはNGですが、自分が安定して投げれるスタンス(立ち方)を見つけましょう。

ダーツの立ち方・スタンス

ポイント1立ち方は主に3種類「クローズドスタンス」「ミドルスタンス」「オープンスタンス」

クローズドスタンス立ち方クローズドスタンス足位置

クローズドスタンス

スローラインに前足を合わせるため毎回同じ角度のスタンスを作りやすい。
ミドルスタンス立ち方ミドルスタンス足位置

ミドルスタンス

クローズドスタンスよりもボードが見やすいが、斜めなので毎回同じ角度で立つのが難しい。
オープンスタンス立ち方オープンスタンス足位置

オープンスタンス

状態をボードの方へ傾ける前掲姿勢が取れないので、リリース位置がやや遠く上半身が不安定になる。

ポイント2前足はまっすぐ伸ばし、膝は曲がらない様に立つ

ポイント2
ダーツは自身のダーツのコントロールがとても重要と言えるスポーツです。
毎回同じ動作を繰り返す必要があり、安定させるには上体を前に傾けた姿勢で安定させ、前足の裏でしっかりと地面を踏んで膝を伸ばして立ちましょう。
膝を曲げて構えてしまうと、とても不安定になり狙ったところに思う様には入りにくくなります。
ページTOPへ